2021.3 700PV/日達成  2021.4 1000PV/日達成! 末永くお付き合いください♪

Tokyo Camp「焚き火台」Amazon三冠の肩書は本物だった!

定番の焚き火台を買ったはいいけど、収納時にコンパクトにならない、そもそも重すぎるといった不満を持ち始めている人も多いのではないでしょうか。オートキャンプだし特に気にしないという人もいると思いますが、車への出し入れや自宅に保管するときなど、なんだかんだ言ってコンパクトに収納できて軽いものは徐々に魅力的に感じていきます。

コンパクトに収納でき、かつ、しっかり焚火料理ができる焚き火台こそ理想的な焚き火台と言えるのではないでしょうか。

そこで今回ご紹介するTokyo Camp(東京キャンプ)の焚き火台は、Amazon焚火台部門で三冠を受賞しているキャンパーの支持がとても高い焚き火台になります。A4サイズで1㎏未満の焚き火台は、ソロキャンプからファミリーキャンプまで、メインの焚き火台としてはもちろん観賞用のサブの焚き火台として活躍できる優れものです。さっそくご紹介したいと思います。

Tokyo Camp「焚き火台」はこんな人におすすめ

  • 大きく使えて、コンパクトに収納できる焚き火台が欲しい人
  • ファミリーキャンプもソロキャンプも一つの焚き火台で済ませたい人
  • 定番の焚き火台からそろそろ卒業したい人
  • コストをかけずにもう一台焚き火台が欲しい人

Tokyo Camp「焚き火台」のスペック紹介

まずは簡単にスペックを紹介いたします。

注目ポイントは「質量と収納サイズ」です!

ブランド名Tokyo Camp
重量965g
サイズ収納時サイズ 30cm×22cm

組み立て時サイズ 40cm×22cm×26cm

素材ステンレス鋼
原産国made in JAPAN

made in JAPANというだけあって、サポート窓口の連絡先が書かれたカラー版の取り扱い説明書がついています。

使用前レビュー

使用する前のきれいなうちに各パーツをチェックしていきましょう。

梱包箱がおしゃれ

商品が届いてまず初めにびっくりしたことは、まるでプレゼント用のギフトボックスのようなおしゃれな梱包箱で包まれていたことです。いずれ捨ててしまう箱ですが、ちょっとした気遣いが垣間見える商品には好感度を感じます

コンパクトに収納

実際手に取ってみるととてもコンパクトな印象を受けます。A4サイズの売り文句は確かです。このサイズで本当に本格的な焚火と料理が楽しめるか心配になります。この辺りは後ほど詳しくご紹介していきます。

剛性感漂うパーツ

「天板、パーツ①(足)、パーツ②(連結部分)、スピット」から構成されており、パーツはどれもとても頑丈にできており、完成状態の剛性感の高さが想像できます。

パーツ①、②とスピットは表面に光沢感があり品位の高さを感じます。  

天板は保護シートでラップされているので端から少しずつ引っ張りながらめくっていきます。

天板は「ブラッシュド加工」という加工が施されているため、金属の素地に自然な研磨目が表現されています。ダメージを受けやすい天板と、ダメージを受けにくい足の表面処理を使い分けているのは使う側のことをよく考えている印象を受けます。

組立て方

買ってきたものをそのまま使用するのももちろんいいですが、少し時間がかかっても完成形を想像しながら組み立てる作業って楽しいですよね。パーツ同士が接触するカチャカチャ音を聞きながら組み立てる時間は決して苦になりません。こちらの焚き火台は組み立て作業から楽しめる焚き火台となります。

土台を組み立てる

パーツ①にパーツ②を挿し込みます。この状態で焚き火台は自立します。初めはバランスがうまくとれず多少イライラすると思いますが、すぐに慣れます。

パーツ①の向きに注意が必要です。土台が外向きに開くようにセットしましょう。

天板を組み立てる

片方の天板にあるフックをもう片方の天板の穴に引っ掛けると固定されます。

合体

先ほど組み立てた土台の上から天板をおろしていきます。天板に左右の向きはありません。天板の端には半円状の切り欠きがあるので、パーツ②をよけながら天板が突き当たるまでおろしていきましょう。

組立にかかる時間はわずか30秒。慣れれば10秒台で組み立てられるかもしれません。

実際に使ってみた感想

それではさっそく実際にキャンプで使ってみたので報告いたします。Amazonでの評判の高さが本物なのかポイントを絞って解説していきたいと思います。

大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいサイズ

最近「小さいもの=優れたもの」と評価される傾向がありますが、焚き火台は小さければいいものではありません。焚火をしっかり楽しむためにはキャンプ場で手に入る長さ40cmの一般的な薪がはみ出さずにのせられることが重要になります。

こちらの焚き火台は長さがちょうど40cmあるため、いちいち薪をカットする必要はありませんし、火のついた薪が焚き火台からこぼれ落ちる心配もありません。

燃焼効率が高い

天板にいくつも穴があいています。穴から空気が入ってくることで空気の流れが生まれるため薪がよく燃えます。穴は軽量化にもつながるため一石二鳥です。

火吹き棒のつくり方はこちら!
関連記事

キャンプの火起こしはとにかく早くそして楽に済ませたいと思っている人も多いと思います。ひと昔前までは汗だくになりながらうちわや新聞紙をパタパタして火を起こしていましたが、最近は「火吹き棒/ファイアーブラスター」を使ったスマートな着火方[…]

見た目以上の剛性感

焚火料理をする人にとって、スキレットのような重い調理器具をのせても焚き火台が耐えられることが重要です。Tokyo Campの焚き火台は全体的に剛性が高く、さらに、足となるパーツ①がまっすぐ地面に向かずに外向きに開いているため安定しています。

試しにスキレット料理をしてみたところ、焚き火台の安定性や剛性感に不安を感じることはありませんでした。

薪をくべやすい

料理が終わったあと、スピットをおろせば薪を無造作にくべることができるので焚火時間をめいいっぱい楽しむことができます。薪をフレームに持たれかけるように置くと空気の通り道が生まれキャンプファイヤーのようなダイナミックな焚火を楽しむことができます。

550円で作れる火ばさみはこちらでご紹介してます。
関連記事

揺らめく炎をぼんやり眺めながら大切な人と語り合う焚火シーンはキャンプで大切にしたいイベントですよね。薪をくべたり薪を組みなおしたり・・・炎を絶やさないように自分好みの「焚火」を作っていくためには薪を掴む火ばさみが必要です。も[…]

コスパが高い

出典:amazon

これだけ機能的な商品にも関わらず5,000円以下で買えてしまうのは驚きです。メインの焚き火台としてはもちろんのこと、料理中も焚火を眺めていたい人にとっては観賞用のサブの焚き火台として手の届きやすいものだと思います。梱包箱がおしゃれなので、焚き火好きの方へプレゼントしてもきっと喜ばれることでしょう。

片付け

焚き火台がしっかり冷めたことを確認したあと、天板をフレームから外して炭捨て場に持っていきましょう。天板が中央に向かって若干くぼんだ形状になっているため、炭は捨てやすいです。ただし、穴から炭がこぼれ落ちないようにそーっと持っていく必要があります。汚れが気になる方は水洗いした後、しっかり水気をきってから収納袋に収納します。

使用後の天板は少なからず変形しているため、収納袋にうまく収納できない人もいると思います。こればかりはその人の使い方によりますが、私はとくに苦労せずに収納することができました。どこかのタイミングで収納袋が改良されたと聞きました。

注意すべき点

焚き火台を動かす時は崩れやすい

こちらの焚き火台はパーツ①とパーツ②を挿し込んで保持してるだけのため、持つ場所を間違えると簡単に崩れてしまいます。当然ですが火をつけた後は安全を考えて焚き火台の移動はやめましょう。

ちょっと残念なところ

ここまで読んでいただいた方はTokyo Campの焚き火台は欠点が全くない商品と思われたかもしれません。ここからは私が思うちょっと残念なところをご紹介いたします。

大きさの割に重い

当然ですが板は薄ければ薄いほど軽くなりますがその分強度は低下します。焚き火台の天板は炭によって約1,000度の高温で熱せられるため、薄すぎると変形したり状況によっては穴があくことがあります。Tokyo Campの天板は厚さ約0.6mmと十分熱に耐えられる厚みが確保されているため、熱によるダメージを受けにくく長く使えるものになっていますが、その分重くなっています。品質と重量のバランスをとった結果この仕様になったものと思われます。

〇〇〇〇〇のパチモンと思われる

どうしても低価格で似たような商品が発売されると〇〇のパチモンと言われてしまいます。構造こそ似ていますが、こちらの商品はユーザー目線できちんと考えられた似て非なるオリジナル商品だと思います。ハイブランドではありませんが、自分なりの判断基準を持ってギアを選択するのもキャンプの楽しみ方だと思います。

火から料理まで少し離れている

パーツ②の足が若干長いため、火から鍋までの距離が若干遠く、料理によっては火力不足になってしまいます。

この悩みはTokyo Campユーザーにはあるあるの問題だったということもあり、ついに今年になってその声がメーカーに届いたのでしょう、足の短いオプションパーツが発売されました。

難燃シートは必須です

先ほどご説明したように、燃焼効率を高めるために天板には穴があいています。このため穴から灰や燃えカスが地面に落ちます。今回は砂利だったので特に準備はしませんでしたが、地面が芝生や土の場合は自然を守るために焚き火台の下に受け皿を設置するか、難燃材でできた焚き火シートを必ず敷きましょう。

スピットがずれやすい、落ちやすい

こちらのスピットはパーツ②の上に置くだけなので、スピットがずれやすく火の中に落下する恐れがあります。特に料理に夢中になったときは細心の注意を図る必要があります。対策としては、折り返しが付いた100均で売っている網が候補に挙がりますが、調理道具の重さに耐えられるか心配です。次回のキャンプで試してみたいと思います。

風による影響を受けやすい

風を遮る風防というものがいっさいありません。火が着いた後は火が消えることはないと思いますが、火つけの際は注意が必要です。気になる方は別途風防を準備することをおすすめします。

焚き火台と相性のいい囲炉裏テーブルはこちら
関連記事

「囲炉裏」それは焚火を囲みながら会話と食事の質を高めてくれるキャンプでは欠かせない道具です。このため季節を問わず一年中活躍するキャンプ道具です。なかでもハイランダーの囲炉裏はコスパ×大きさ×掃除のしやすさの3拍子がそろった文[…]

Tokyo Camp「焚き火台」のまとめ

いかがでしたでしょうか。Tokyo Campの焚き火台はコンパクトに収納でき、使うときはしっかり焚火料理ができる理想的な焚き火台と言えます。Amazon焚火台部門で三冠を受賞しているのも納得できる高品質な焚き火台です。Tokyo Campの焚き火台はソロはもちろんファミリーキャンプまで、メインの焚き火台としてはもちろん、観賞用のサブの焚き火台としても活躍できる優れものです。焚き火台選びに迷っている人やそろそろ買い替えを検討している人は是非チェックしてみてください。

ハンガーラックがあると焚き火周りがすっきりすます!
関連記事

火ばさみや火吹き棒、着火道具など、焚火を楽しむために必要な道具って意外と焚火台の周りに乱雑に置かれていることありませんか?乱雑に置かれていると見た目がすっきりしないだけでなく、特に夜になると置き場所がわからなかったり、汚れたり足で踏まれたり[…]