2022.5 2,000PV/日達成 末永くお付き合いください♪

ワークマン「パラフィン帆布ラージトート」見つけたら即買い必死の万能バッグ!

以前ご紹介したワークマン「パラフィン帆布ミディアムトート」が大きくなって登場しました。その名も「パラフィン帆布ラージトート」。ミディアムトートの使い勝手があまりにもよすぎたので、次はラージトートを買いに行こうと軽い気持ちで店舗に行きましたが、どこも売り切れ続出でなかなか手に入れることができませんでした。

今回キャンプの帰り道に立ち寄ったワークマンショップで奇跡的に手に入れることができたので、ミディアムトートに負けず劣らず使い勝手抜群の万能バッグをさっそくご紹介いたします。

ワークマン「パラフィン帆布ラージトート」のスペック紹介

まずはスペック紹介です。

出典:workman

名称パラフィン帆布ラージトート
商品番号D016
カラーオリーブ、ベージュ
サイズ幅50cm×高さ38cm×奥行き20cm
容量35リットル
素材綿・レーヨン・ポリエステル
カラー、サイズ、素材がキャンプシーンにどはまりします!
サイズ違いの商品もおすすめです!
・スモールサイズ(幅25cm×高さ18cm×奥行き15cm、容量6リットル)
・ミディアムサイズ(幅35cm×高さ29cm×奥行き20cm、容量20リットル)
関連記事

気が付くとちょこちょこ物が増えていくキャンプにトートバッグはいくつあっても困ることはありませんよね。キャンプ道具を収納したり、ごちゃついた小物をひとまとめにするときなどトートバッグは欠かせない万能バッグになります。でもトートバッグっ[…]

どっちの色が人気?

キャンプの定番色と言えばベージュですが、ミリタリーブームも相まって最近はオリーブ色のキャンプギアが人気となっています。そこでどっちの色が売れてるのか、ワークマンオンラインショップの「店舗取置依頼」を使って調べてみました。
出典:workman
神奈川県厚木市の店舗在庫を調べてみたところ、ベージュはそこそこ在庫があるようですが、オリーブは限られた店舗にしか在庫がないようです。私も5店舗探し回りましたが、ベージュは4店舗で見かけましたがオリーブは購入した店舗でしか在庫を確認することができませんでした。
このようにラージトートはとても人気があり特にオリーブ色に人気が集まっているようです。

大きさのイメージ

サイズだけでは大きさが伝わりにくいため、実際に手に取った画像をご紹介いたします。

手提げバッグとして持ってみた

手提げバッグとして持ってもバッグが地面に擦れることはありませんでした。

肩掛けバッグとして持ってみた

持ち手が長いため、肩に掛けても窮屈に感じることはありません。

ワークマン「パラフィン帆布ラージトート」のココがすごいポイント!

こちらは先行発売された「パラフィン帆布ミディアムトート」のサイズ違いのため、ここではラージトートならではのポイントに絞ってご紹介いたします。
「パラフィン帆布ミディアムトート」はコチラで詳しく紹介していますので、興味ある方はご覧ください。

補強された持ち手

ミディアムトートは持ち手の部分だけがバッグに縫われていましたが、ラージトートは持ち手がバッグの周りをぐるっと一周するように縫われています。大容量のラージサイズのため、薪やこまごまとしたものをついつい入れすぎてしまってもしっかり生地が支えられる構造になっているため安心して持ち運ぶことができます。

お値段は1,280円

後ほど詳しくご紹介しますが、こちらのトートバッグは小物というより中物キャンプギアをひとまとめにするときに活躍するバッグになります。普通にこのサイズのトートバッグを購入すると5,000円程度するものがそこはさすがのワークマン価格、約1/4の値段で購入することができます。人気商品のため難しかもしれませんが、できれば2,3個購入していろんな使い方を試してみたくなるバッグです。

ワークマン「パラフィン帆布ラージトート」の使い道を3つご紹介

小物類の収納はスモールトートやミディアムトートで代用できるため、ここではラージトートならではの大きさを活かした使い道をご紹介いたします。

シュラフやマット、中物キャンプ道具入れ

コンパクトに収納できても意外とかさ張るシュラフやインフレーターマット、みなさんどのように収納していますか?ハードコンテナに収納している人もいると思いますが、ハードコンテナ自体が大きく重いので、特に車から出し入れするときに不便を感じている人もいるのではないでしょうか。そんな時は大容量のソフトバッグがおすすめです。持ち手が長いため大きなものを入れても持ち運びはとてもしやすいと思います。

薪入れ

パラフィン加工による撥水性の特徴を活かした使い道としては、薪入れがおすすめです。直接地面に置いても湿気が入りづらく、湿気に敏感な薪でも安心して使うことができます。キャンプ場で使いきれずに持ち帰った薪を保管しておくバッグとしてもおすすめです。

お子様の遊び道具入れ

大人でも使うかわからないキャンプギアをあれこれ持っていきますよね。当然子供たちだってキャンプにいろいろな遊び道具を持って行きたがります。なかでも比較的かさばるラジコンやバドミントンなどはそのままでは持ち運びが不便なため、こちらにひとまとめにしておくと便利です。

ワークマン「パラフィン帆布ラージトート」のまとめ

いかがでしたでしょうか。キャンプ道具を綺麗に収納できずに悩んでいる人にはもってこいの商品です。スモールやミディアムに入らなかった中物キャンプ道具もこちらのラージに収めれば持ち運びも楽チンです。しばらくは品薄状態が続くと思われますが、HPの店舗取置依頼システムを上手に利用してぜひゲットしていただくことをおすすめします。

こんなものも発売されました。よろしければご覧ください。

関連記事

2021年アウトドア業界に本格参入したワークマン、2022年の今年はテントなどの大物キャンプギアを始め心を揺さぶられる魅力的な商品が次から次へと販売される予定となっています。中でも撥水性と耐久性を備えたパラフィン帆布を使った商品はS[…]

(参考)もっとしっかりしたトートバッグが欲しいという方はこちら

もしかしたらワークマン商品はちょっと・・・という方もいるかもしれません。そういう方に向けてさらに本格的なトートバッグをご紹介しておきます。ご興味があればぜひご覧ください。

LanTenTarp最新情報をチェックしよう!