2021.3 700PV/日達成  2021.4 1000PV/日達成! 末永くお付き合いください♪

小型扇風機を選ぶ7つのポイント!夏キャンプを快適に過ごしたい方必見!

とにかく暑い夏キャンプを少しでも快適に過ごすために携帯型扇風機は欠かすことができません。中でも首に掛けるネックファンや着る扇風機はここ数年夏の話題商品として注目を集めています。どちらも近代的で機能的な魅力溢れる商品ですが、人数分揃えるとなるとなかなかの出費となるため購入を控えている人も多いのではないでしょうか。

一方でみんなで仲良く使えて、使い勝手のいいものと言えばやはり扇風機ですよね。でもアウトドアで使う扇風機となると何を基準に選んだらいいのか悩む人も多いと思います。そこで、私が購入に至るまでにこれだけは外せないと感じたポイントをその理由を含めて詳しくご紹介いたします。

小型扇風機を選ぶための7つのポイント

それでは実際に小型扇風機を選ぶための7つポイントについてご説明いたします。

USB充電式

出典:Amazon

「携帯機器=乾電池」の時代はすでに終わりました。繰り返し充電して使えるUSB充電式を選びましょう。モバイルバッテリーがあればバッテリーがなくなった時でも安心して使用することができます。

クリップ式

出典:Amazon

キャンプシーンは家庭と違って据え置き式よりクリップ式の方が何かと便利です。タープの下ではテーブルの端やポールに挟んで取り付けたり、テントの中ではランタンフックを使って吊り下げることもできます。キャンプ場にたどり着くまでの車の中では、手すりに取り付けることでエアコンが苦手な人も快適に過ごすことができます。クリップ式を選ぶことで、キャンプシーンに限らず家を出てから家に帰るまで様々なシーンで活躍頻度が高くなります

自動首振り機能

出典:Amazon

一番はずせない機能はどれかと聞かれたら私はこれと答えます。キャンプシーンは家族や友達と楽しむイベントなので、なるべくまんべんなく平等に風がいきわたるほうがいいですよね。テントの中で使うときは空気を循環してくれる首振りタイプが大活躍します。首振りタイプはサーキュレーターとしても活躍してくれます

風量無段階調節(DCモーター)

出典:Amazon

昔ながらの「弱、中、強」の3段階の調節の場合、弱と中の間が欲しいなんてことあると思います。こういうことにならないためには風量が無段階に調節できるDCモーターを採用したモデルがおすすめです。そよ風のようなとても弱く心地よい風を感じることができるのも特徴です。DCモーターは音が静かですと言う宣伝文句を見かけますが、同一風量で比較した場合の音量はACモーターもDCモーターも同等なのでお間違えなきよう。

バッテリー容量5000mAh以上

出典:Amazon

バッテリー容量が大きければ大きいほど長時間の連続使用が可能になりますが、当然大きさや重さが犠牲になります。小型扇風機の場合、3000、5000、10000の3種類の容量が多くみられますが、容量、大きさ、重さのバランスが取れた5000mAhがおすすめです。充電しながら使用できる給電タイプであれば、たとえ充電が切れてしまった場合でも充電時間を待つ必要ないのも5000mAhを選択する一つの理由です。

重量500g以下

出典:Amazon

据え置きタイプの場合、重量を気にすることはあまりないと思いますが、クリップを使ってポールやフックに固定して使用する場合、あまり重すぎるとずれ落ちたり垂れ下がることがあります。500g以下を目安に選ぶといいと思います。

お値段3,000円以下

上を見ればきりがありません。十分な機能を備えて納得感が得られる値段を3,000円と設定しました。人によって価値観が異なるのであくまで参考に捉えてください。

実際に購入した商品

ここまでお伝えした7つのポイントを基準にAmazonで検索した結果、すべての項目をクリアしたのがこちらの商品でした。

先日ジメジメした夜にテントの中で使用しましたが、すっきり快適に就寝することができました。詳細レポートについては近日中にご紹介したいと思います

まとめ

いかがでしたでしょうか。冒頭でもお伝えしましたが、アウトドアで使う扇風機となると何を基準に選んだらいいのか悩む人にとって7つのポイントに絞ってご紹介いたしました。せっかく購入するなら7つのポイントをすべて満たしたものの方が高い満足感が得られると思います。最後にご紹介した商品に限らずぜひお気に入りの扇風機を手に入れて、暑い夏キャンプを少しでも快適にめいいっぱい楽しんでください。