月間4万人が集まるWebメディア【LanTenTarp】

ワークマン「パラフィン帆布ミディアムトート」全色揃えたい780円の万能バッグ!

気が付くとちょこちょこ物が増えていくキャンプにトートバッグはいくつあっても困ることはありませんよね。キャンプ道具を収納したり、ごちゃついた小物をひとまとめにするときなどトートバッグは欠かせない万能バッグになります。

でもトートバッグって「まっ、これでいいっか…」というものはあっても「これだ!」というものってないですよね。マチがなかったり素材が柔らかすぎてヘロヘロしてたり、カビが生えやすかったり・・・。

そんなときワークマンのパラフィン帆布ミディアムトートがおすすめです。「まさにこんなトートバッグが欲しかった!」とキャンパーの心がわしづかみされるような完成度の高いトートバッグです。

しかもお値段はなんと780円!これぞ期待を裏切らないワークマン価格!

とにかく使い勝手が良すぎるワークマン「パラフィン帆布ミディアムトート」の魅力についてさっそくご紹介していきたいと思います。

ワークマン「パラフィン帆布ミディアムトート」のスペック紹介

まず初めにスペックをご紹介します。

出典:workman

名称パラフィン帆布ミディアムトート
商品番号D013
カラーベージュ、グレー、ブラウン、ネイビー
サイズ幅35cm×高さ29cm×奥行き20cm
容量20リットル
素材綿・レーヨン・ポリエステル
カラー、サイズ、素材がキャンプシーンにどはまりします!
こちらはミドルサイズになります。
別にスモールサイズ(幅25cm×高さ18cm×奥行き15cm、容量6リットル)があるのでこちらもおすすめですよ。

人気色はどれ?

使う人の好みやシーンによって欲しい色は異なると思いますが、4色のうちどの色に人気があるのか在庫数をチェックしてみました。

≪2021/12/4時点のワークマンHPの在庫数≫

ベージュグレーブラウンネイビー
在庫数22個68個33個29個

やはりアウトドアシーンに使う方が多いのでしょうか、ベージュとブラウンが人気色のようです。グレーやネイビーは特に普段使いに活躍しそうな色ですね。

大きさのイメージ

大きさのイメージが掴みやすいように、実際に持った感じをご紹介いたします。

手提げバッグとして持ってみた

肩掛けバッグとして持ってみた

ワークマン「パラフィン帆布ミディアムトート」のココがすごいぞ5つのポイント!

ココがすごいと思う5つのポイントをご紹介いたします。

20cmのマチつき

一般的なトートバッグと言えば、マチがないものが多いと思います。こちらはマチが20cmと底が大きく広がるので、様々な形をしたキャンプギアを横に倒さずそのまま収納でき、さらに重ねて収納することができます。こうすることで空きスペースを無駄なく効率的に使うことができます。ついつい物を入れすぎてしまうので注意しましょう。

マチつきなのでバッグを置くと自立します。いちいち手で押さえたり、何かにもたれかけて置く必要がないため、ストレスなく好きなところにポンと置くことができます。

撥水性のある丈夫な素材

商品名になっている通り、パラフィン加工が施された帆布でできています。帆布はわかるけどパラフィン加工って何?という方に簡単に説明すると、生地にロウを染み込ませて撥水効果を持たせた加工法になります。帆布といえば糸をえりあわせて作られたとにかく丈夫な生地ですが、さらに撥水加工まで施されているため、急な雨や夜露でもカビに敏感になる必要はなさそうです。まさにアウトドアシーンにドンピシャにはまったトートバッグと言えます。

防水加工ではないので、実際に水を垂らしたあとしばらくすると生地の表面に濡れた跡がつきます。

生地に撥水加工をすることで水を弾く機能を持っていますが、水滴がついた状態で押さえつけたり、大量の水分にさらされたりすると、生地の隙間から染み込んでくる可能性がございます。(引用:workman

使うたびに育っていくトートバッグ

パラフィン加工が施された帆布は折り目が白く残りやすい性質があります。アウトドアシーンには折り目のないきれいなバッグよりもその人の使い込み方によって自然の風合いが表現された味のあるバッグが最高に似合います。ギアを大切に扱うキャンパーにとってとても興味深いバッグですね。

シンプルなのになんだかおしゃれ

ブランドロゴや柄が一切ない無地のトートバッグですが、なぜだかとってもおしゃれに見えます。大きさのバランスがそう思わせるのか、それとも無地だからこそ折り目が強調されて親しみやすいデザインになっているからなのか、はっきりとしたことは言えませんがとても見た目のいいバッグに仕上がっています。

780円のワークマン価格

ワークマンは期待を裏切りません。これだけ魅力たっぷりで安っぽさを感じさせないトートバッグが780円とはとても信じがたいです。4色すべて購入してもたったの3,000円。普段なら1個しか買えない値段です。同じ色を複数買うか、違う色を買いそろえるか迷ってしまいます。この値段なら間違いなく買いと言えます。

ワークマン「パラフィン帆布ミディアムトート」の使い道をご紹介

ここまでご紹介してきましたが、実際の使い道が気になる人も多いと思うのでいくつかご紹介いたします。使い道に無限の可能性が秘められたバッグです。

薪入れ

まず思い浮かべるのは薪入れではないでしょうか。大きなマチがあること、入手しやすい40cmの薪にちょうどいい大きさであることから薪との相性は抜群です。束になった薪は意外と持ち運びしにくいですが、しっかりした取っ手がついてるこちらのトートバッグに入れれば楽に持ち運ぶことができます。さらに撥水性があるので直接地面に置いても薪が湿って火付きが悪くなる心配はなさそうです。

関連記事

いざ焚き火台を購入しようと思ったとき、あの焚き火台かっこいいんだけど大きくて重いのがちょっとなぁ・・・と思っている人いませんか。オートキャンプオンリーだし特に気にしないという人もいると思いますが、車への出し入れや自宅に保管するときな[…]

小物入れ

ヘッドライト、コーヒーグッズ、調味料など、こまごましたものをまとめ入れするバッグとしてとても重宝します。小物をまとめると持ち運びも楽ですし、何より余計なものが散らばってないとキャンプサイトがとてもすっきりして気持ちいいですよね。散乱しがちな子供たちのお菓子入れにもおすすめです。

関連記事

キャンプ道具にスチールやブリキのギアを上手に取り入れてるキャンパーはとてもおしゃれで玄人感が漂いますよね。定番ギアと言えば「無印良品」のスチール製工具箱や「マーキュリー(MERCURY)」のブリキ製ツールボックスです。でもこちらは最[…]

スキレット入れ

スキレットを収納する袋でメーカーから販売されている専用袋以外にしっくりくるものってないですよね。こちらのトートバッグはマチがついているため、厚みのあるスキレットでもすんなりいれることができます。100均で売ってる収納用シリコン製バンドを使えば、2個入れてもバッグの中でガチャガチャ動くことが抑えられます。

焚火料理した後のスキレットはススがついてるため、直接トートバッグに入れると真っ黒になります。使用する場合はスキレット専用にした方がよさそうです。

純正の収納袋は意外と高いので、スキレットに限らず焚き火台やカセットコンロなどの収納袋にも使えます。780円で手に入る収納袋はお買い得です!

普段使い

キャンプシーン以外に普段使いとしても十分使えるトートバッグになります。私はこのバッグをフィットネスクラブ用に使っています。

フィットネスクラブの持ち物は意外と多く、シューズや着替え、タオルなどを詰め込んだ後、いちいちチャックを開けなくてもさっと取り出せるので楽ちんです。少し重いと感じたときは、取っ手に手を通して肩に掛けることもできるので、手提げバッグと肩掛けバッグの2通りの持ち方ができます。

エコバッグ

生地が丈夫なのでエコバッグとして使うことができます。エコバッグとして使うには小さく畳みたいと思う人もいると思いますが、折り畳みすぎると直線的なわざとらしい折り目が付いてしまうので、折り目を付けたくない人は折り畳まず使うことをおすすめします。

あえて言うならここがちょっと

隙がなく完成されたトートバッグだと思いますが、あえて言うならここがちょっとというポイントをご紹介いたします。

中のものがこぼれ落ちそうになる

このバッグにはチャックやボタンがついていないため、口をしめることができません。車で移動する場合はあまり気にすることはありませんが、手に持って持ち運ぶ場合は中の物が外にこぼれ落ちないよう注意が必要です。気になる方はご自身でボタンやチャックをつけてもいいかもしれません。

底が沈みやすい

トートバッグの底面は特に補強されていないため、小さくて重いものを入れた場合、底が沈んでせっかくの形が崩れて見た目がすっきりしません。気になる方は底に補強板をセットすると形が崩れる心配はありません。

ワークマン「パラフィン帆布ミディアムトート」のまとめ

今回は「ワークマンのミディアムトートバッグ」をご紹介いたしました。

キャンプシーンから普段使いまで、使い道に無限の可能性が含まれた激安価格のトートバッグです。人気商品のため店舗によっては入手困難な状況ですので、見つけたら迷わず購入することをおすすめします。

以下の記事では、使い勝手はこれ以上?サイズ違いの「ラージサイズのトートバッグ」をご紹介しています。ご興味があればぜひこちらも併せてご覧ください。

関連記事

以前ご紹介したワークマン「パラフィン帆布ミディアムトート」が大きくなって登場しました。その名も「パラフィン帆布ラージトート」。ミディアムトートの使い勝手があまりにもよすぎたので、次はラージトートを買いに行こうと軽い気持ちで店舗に行きましたが[…]

ワークマン関連商品の紹介はこちらです!
関連記事

安心して焚火を楽しむためは火の粉に強いキャンプギアが欠かせません。テントやタープ、グローブやウエアなど、火の粉に強い素材を使用したキャンプギアが増えていますが、今回ご紹介するワークマンの防炎キャンパーモックは「火の粉に強いシューズ」になりま[…]

関連記事

キャンプで履く靴といえばTHE NORTH FACEやKEEN、MERRELLといったタフでおしゃれなものを思い浮かべる方が多いと思います。もちろん見た目だけでなく、水に強く、火の粉で穴があきづらいものであればそれこそキャンプシーンに最適な[…]

LanTenTarp最新情報をチェックしよう!