2021.3 700PV/日達成  2021.4 1000PV/日達成! 末永くお付き合いください♪

クイックキャンプ「ウッドローチェア」はカーミットチェアに負けず劣らず満足度No.1チェア

キャンプで一番長い時間を過ごすギアと言えば椅子(チェア)ですよね。体格やキャンプスタイルによってその人の好みやセンスといった個性がでてくるとても面白いギアでもあります。特にサイトをナチュラルテイストに統一している人にとって、心の底ではカーミットチェアのような木製チェアが欲しい気持ちがあっても高品質がゆえの値段の高さに購入を思いとどまる人も多いのではないでしょうか。

最近ではカーミットチェアにそっくりなチェアが様々なメーカーから手の届きやすい値段で登場していますが、その中でも特に人気が高く入手困難なものと言えばクイックキャンプ(QUICKCAMP)のウッドローチェアになります。フリマでは定価の約1.5倍で取引されているようです。

このたびカーミットチェアに負けず劣らず満足度の高いQUICKCAMPウッドローチェアに買い替えたので、実際の使用感について良い面だけでなく気になる面まで徹底的にご紹介いたします。QUICKCAMPは取り扱い店舗が限られているため、商品を直接確認することが難しい状況です。こちらの記事を通じて購入を検討されている方に少しでも参考になれば幸いです。

QUICKCAMPはどういうメーカー?

QUICKCAMPより引用
「生活に馴染むデザイン」「簡単設営」「ユーザーファースト」をコンセプトに、手軽さ・デザイン・こだわりの設計を追求し、製品を通じてアウトドアを応援するメーカーです。

数年前から気になるブランドの一つとしてQUICKCAMPが挙がっていました。一言でいえば「いい意味で期待を裏切るコスパの優れたアウトドアブランド」になります。チェア、テーブル、テントまで扱っているためキャンプ道具を一式そろえることができます。大手アウトドアブランドと比較しても全く見劣りしないおしゃれで高品質なギアが低コストでゲットできるブランドだと思います。

おしゃれなトラッシュボックス(ゴミ箱)もおすすめです
関連記事

突然ですがみなさんキャンプで出たゴミどうしていますか?テーブルやポールなどに家庭用ゴミ袋を縛ったり100均のランドリーバッグを使っている方も多いと思います。私自身もはじめはこういうものを使っていましたが、片手で口を広げながら[…]

中でも今回ご紹介するウッドローチェアはいつ見ても売り切れ状態となっているため、QUICKCAMPの商品の中でもいちにを争う人気商品と思われます。

再販予定日は公式SNSでアナウンスされるので定期的にチェックしましょう。

ウッドローチェアのスペック

出典:QUICKCAMP

サンド、ブラック
サイズ展開状態:約55cm×54cm×65cm(座面高さ約32cm)
収納状態:約55cm×65cm×8cm
重量約3.5kg
耐荷重80kg (国内検査機関にて強度検査済み)
主素材フレーム:天然木(ビーチ材)
シート:ポリエステル(クッション入り)

ウッドローチェアの特徴

シート素材に秘密あり

カーミットチェアも含めてキャンプチェアのほとんどのシートはコットンやポリエステルの一枚布で作られていますが、ウッドローチェアのシートは座面と背もたれはクッション性のあるキルティング生地で覆われています。ソファーのような座り心地とまではいきませんが、一枚布と比較した場合、ワンランク上の座り心地を体感することができます。長時間座っていてもお尻が痛くなりづらい仕様になっています。

秋から冬になると座面が冷えて寒く感じることがあります。こちらのシートはクッションが入っているため一枚布よりは保温効果が得られるため多少なりとも寒さが和らぐと思います。これから迎える秋のキャンプシーズンでその効果を確認したいと思います。

シート形状に秘密あり

カーミットチェアや他メーカーの類似品のシートは、座面と背もたれが2分割されていますがこちらのシートは座面から背もたれまで布がつながっています。

座面と背もたれが分割されていると、先ほどと同様に、秋から冬にかけて隙間から冷たい風が侵入して寒く感じることがあります。こちらのシートは隙間がないため後方から冷たい風が侵入することがないため寒さを和らげる効果が得られます。

一方で、椅子に腰掛けたときは背もたれと座面の布が90度異なる方向にたわもうとするため、布が分割されていたほうが理にかなっていますが、こちらのシートでも特に布に負担がかっている様子はなく座り心地についても違和感を感じることはありません。

フレームの木材にこだわりあり

フレームに使われている木材の種類について調べてみました。

ウッドローチェア:ビーチ材昔から家具材として使用
硬くて重厚感がある
変色や腐食に弱く、湿度や温度による歪みが生じやすい
カーミットチェア:オーク材木目が特徴的で力強く人気がある
硬くて重厚感がある
耐久性や耐水性に優れている
他メーカー類似品:ブナ材ブナ材はビーチ材の仲間

ウッドローチェアの木材は、重厚感を感じさせる深みのあるこげ茶色となっており、天然木材の温かみを感じさせる適度な木目が表現されています。本家カーミットチェアと比較すると、木材の種類が異なっていますが、ウッドローチェアは耐荷重を考慮したうえで手の届きやすい価格を実現するために最適な木材を選択しているものと思われます。

ユーザー心理に答えた秘密あり

どこのメーカーも背面にメーカーロゴのタグが付いているだけで、さらに一歩進んで付加価値を付けた椅子はあまり見られません。ウッドローチェアはキャンプの最中にスマホやモバイルバッテリーの置き場所に困っているユーザーの心理に答えた仕様が盛り込まれています。

大きなポケット付き

スマホをポケットに入れると立ったり座ったりの動作でポロッと落ちてしまったり、机の上にポンッと置くと時間が経ったあと探すのに苦労すると思います。ウッドローチェアは背面に大きなポケットが付いているため、スマホやモバイルバッテリーをいつも同じ場所に入れておけば困ることはありません。

ポケットの横幅が30cmあるのでiPadを入れることもできます。

ハンギングチェーン付き

カラビナを使ってシェラカップやコップなどを吊り下げられるハンギングチェーンが付いています。今の時点でほかの使い方が思い浮かびませんが、あるに越したことはない機能だと思います。今後もし便利な使い方を見つけられたら紹介したいと思います。

ゴムキャップ付き

足先には取り外し可能なゴムキャップが付いています。キャンプなどの屋外ではゴムキャップを外した状態で使用し、自宅ではゴムキャップを付けた状態で使用することができます。せっかくおしゃれに仕立てられたチェアのため、たまに行くキャンプだけで使用するのはもったいないです。キャンプに行かないときは是非ご自宅で使用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに私は自宅に置くスペースがないので、足先を保護する目的でゴムキャップを付けた状態でキャンプで使用しています。

車から降ろして3秒後に座ることができる

多くの椅子には収納袋が付属されていますが、収納袋から椅子を取り出す時に袋やひもが引っかかってイライラしたり、手こずったりすることがあります。ウッドローチェアには収納袋がないので車から降ろして広げるだけですぐに座ることができます。

ウッドローチェアのレビュー

全貌

背もたれの角度は約110度(素人採寸)になります。

座り心地

身長175cmの男性が深く腰掛けて座るとこんな感じになります。座面が深いためしっかりとお尻を支えてくれる仕様になっています。背もたれの先と座面先端についている湾曲したフレームは座った姿勢に合わせて回転するため特に違和感を感じることはありません。

浅めに腰掛けて足を投げ出して座るとこんな感じになります。浅めに腰掛けても座面からお尻が落ちることはありません。非常にゆったりと座ることができるため長時間座っていても疲れることはありませんでした。肘置きが比較的短いため、浅めに腰掛けたときは手先が肘置きから外れてしまいます。

立ち上がりやすさ

これまで使用していたADIRONDACKのスモールキャンパーズチェアは肘置きが座面の先まで伸びていました。こちらは肘置きが短めに設定されているため、椅子から立ち上がったあと、足が肘置きに当たらないように避けることなくスムーズに席から移動することができます。

お手入れのしやすさ

シート素材はポリエステルでできています。このため焚火の灰で汚れた場合でも濡れティッシュでさっと汚れをふき取ることができます。

ウッドローチェアの気になるところ

まだ一度しか使用していませんが、さっそく気になる点があったのでお伝えしておきます。

比較的火の粉に弱い素材

シートは軽くて丈夫なポリエステル素材でできているため、比較的火の粉に弱く穴があく恐れがあります。これに対してコットン素材はポリエステル素材と比較した場合、比較的火の粉に強い素材と言われていますが、一方では湿気を吸いやすくカビやすい問題があります。長い目で見た場合はポリエステル素材に軍配が上がるかもしれませんので、焚火をするときは一定以上の距離を取って大切なキャンプギアを守ることをおすすめします。

ビスキャップが外れやすい

キャンプを終えて忘れ物がないかサイトを見渡したところ、ウッドローチェアを設置していた場所に何やら黒いキャップが落ちていました。念のためウッドローチェアを確認したところ、本来あるべきはずのビス頭を隠すキャップが1か所付いてないことがわかりました。特になくなったからといってどうってことないですが、素晴らしい商品なだけにおまけに初日ということもありとても残念な気持ちになりました。毛足の長い芝生のサイトだったらきっと気が付かなかったと思います。分解することはないと思うので、家に帰ったあとボンドで固定することにしました。

CAMP HACK 2021年7月ランキングNo.1!

日本最大級のCAMP HACKさんが毎月お伝えしている「CAMP HACK読者が、最も購入したキャンプ道具 TOP10」でみごと第一位に輝きました!なにより一番説得力がありますね。

ウッドローチェアのまとめ

いかがでしたでしょうか。見た目よし、機能よし、コスパよしの三拍子がそろった一押しのキャンプチェア「QUICKCAMPウッドローチェア」をご紹介いたしました。冒頭にもお伝えしましたが、QUICKCAMPは取り扱い店舗が限られているため、こちらの記事を通じて購入を検討されている方の背中を少しでも押すことができたら嬉しいです。Amazonや楽天市場で在庫があるうちは購入のチャンスですのでぜひご検討ください。

焚火のお供にこちらもぜひご覧ください。
関連記事

火ばさみや火吹き棒、着火道具など、焚火を楽しむために必要な道具って意外と焚火台の周りに乱雑に置かれていることありませんか?乱雑に置かれていると見た目がすっきりしないだけでなく、特に夜になると置き場所がわからなかったり、汚れたり足で踏まれたり[…]