2022.5 2,000PV/日達成 末永くお付き合いください♪

キャンドゥ「焚き火シート」ソロキャンプ用焚き火台のお供に!

焚き火台の熱や火の粉から地面を守るために、焚き火シート(難燃シート、防火シート)の使用を義務付けているキャンプ場が増えてきました。100円ショップのキャンドゥ(Can★Do)に550円の焚き火シートが売っていたのでご紹介いたします。焚き火台の組み合わせ次第ではこれは十分使える焚き火シートですよ。

焚き火シートのスペック紹介

名称FIRE PROTECTION SHEET
Janコード4968988994086
大きさ35×50cm
材質グラスファイバー

特徴

  • 高い耐熱性
     耐熱性の高いグラスファイバーを使用しているため、焚き火の熱や火の粉から地面を守ってくれます。
  • 使いやすいサイズ
     ピコグリルやTokyoCampの焚き火台などの小型グリルに使いやすいコンパクトなサイズ。
  • ペグで固定できるハトメ付き
     風でめくれて思わぬ事故にならないように固定できます。

気になるサイズ

実際にいくつか焚き火台と組み合わせて焚き火シートのサイズ感をご紹介いたします。

セリア「コンパクト焚き火台」

ちょっとした焚き火を楽しめる焚き火台。焚き火台の周りを十分カバーできているため灰や火の粉に対して安心して使用することができます。

関連記事

使い勝手がよくとにかくコンパクトに収納できる焚火台がついにセリアから発売されました。もちろん100円(税抜き)です。今までは、L字型をした3枚のパーツを組み立てるもので、どちらかと言えば五徳用のものを焚火台の代わりに使用したことがあ[…]

TokyoCamp「焚き火台」

上からみた画像では焚き火台に対して一回り大きなサイズとなっています。このため焚き火の熱をしっかり遮断してくれます。天板の穴から落ちた灰や燃えカスも焚き火シートがしっかりキャッチしてくれます。あまり薪をくべすぎると火の粉が飛び散った時にキャッチし損ねる可能性があるので薪のくべすぎには注意が必要です。

関連記事

定番の焚き火台を買ったはいいけど、収納時にコンパクトにならなかったりそもそも重すぎるといった不満を持ち始めている人も多いのではないでしょうか。オートキャンプだし特に気にしないという人もいると思いますが、車への出し入れや自宅に保管するときなど[…]

UNIFLAME「ファイアグリル」

言わずと知れた焚き火台の定番商品。ファミリーサイズの焚き火台になると天板が焚き火シートからはみ出してしまうため、天板の熱や火の粉から地面を守ることは難しそうです。購入を迷われている方がいれば大きなサイズの焚き火シートを準備することをおすすめします。

 まとめ

いかがでしたでしょうか。グラスファイバー製の焚き火シートが550円で購入できるため気になっている人もいると思います。今回ご紹介した焚き火台の組み合わせを参考にしてご検討してみてはいかがでしょうか。

LanTenTarp最新情報をチェックしよう!