2021.3 700PV/日達成  2021.4 1000PV/日達成! 末永くお付き合いください♪

初心者必見!後悔しないキャンプ用サイドテーブルを厳選して紹介します!

サイドテーブルとはキャンプチェアに座りながら手が届く範囲におつまみや飲み物を置いて楽しむための小さなテーブルのことを指します。

「リビングテーブルがあればいいじゃん?」と思う方もいると思います。

確かにリビングテーブルもキャンプチェアから手の届くところにありますが、テーブルに置かれた物を取るときどうしても前のめりの姿勢になります。

特にお子さんの場合、バランスが崩れて椅子と一緒に前に転倒する危険があります。

そこで登場するのが椅子に深く腰掛けた状態で姿勢を崩さず手が届いてしかも安心なテーブル、それがサイドテーブルになります。

しかもサイドテーブルはその他にも様々な用途で活躍します。

  1. 移動させて焚火シーンに使う
  2. クーラーボックスの台として使う
  3. ジャグやバーナーを置く台として使う

このように、サイドテーブルは簡単に持ち運びできる大きさ/重さであること、ジャグやクーラーボックスを置く台としてちょうどいいサイズであることから2~3個あっても足りないくらい非常に使い勝手のいいキャンプギアと言えます。

そこで、特にこれからキャンプを始める方に向けて、初めて選ぶサイドテーブルだからこそ満足してお使いいただけるように、私が厳選させていただいたおすすめのサイドテーブルをご紹介したいと思います。

出典:Amazon

厳選したサイドテーブルをご紹介

実際に私がおすすめするサイドテーブルをいくつかご紹介します。

なお、言葉のみの説明だと伝わりづらいと思うので以下4つの点に注目した自己評価(悪い:1点~良い:3点)も併せて記載いたします。

  1. デザイン性
  2. 収納性
  3. 重さ
  4. 価格

※デザイン性についてはかわいさよりもかっこよさを重視して評価しています。

※収納性については、収納時の体積(たて×よこ×高さ)で評価しています。

※オートキャンプをターゲットにしているため、ヘリノックスやフィールドホッパーといった極端に軽量コンパクトなテーブルは除外しています。

最初にまとめをお伝えいたします。詳細説明についてはそのあとご紹介いたします。

総合得点①デザイン性②収納性③重さ④価格
ユニフレーム/焚き火テーブル103322
コールマン/ステンレスファイアーサイドテーブル91.52.523
チルキャンピング/キャンプアウトドアテーブル113323
ノースフェース/TNFキャンプテーブルスリム52111
コールマン/ナチュラルモザイクミニテーブルプラス9.512.533
尾上製作所/マルチスタンド931.51.53

1.ユニフレーム/焚き火テーブル

言わずと知れたサイドテーブルの定番商品。多くのキャンパーから高い評価を受けています。ステンレス天板の両サイドに設けられた天然木材がおしゃれに決まっています。
ステンレスの天板にはエンボス加工が施されているため、ダッチオーブンを焚火からおろした後、そのまま置いても熱でダメージを受けたりキズが目立つことはありません。とにかくハードに使える焚火台です。
端に重いものを置くとバランスが崩れてひっくり返ることがあるので注意が必要です。天然木はカビやすいため蜜蝋などで保護することをおすすめします。収納バッグが別売りということと価格がどんどん上がっていることが唯一の欠点と言えます。
出典:UNIFLAME

口コミ(プラス意見) 出典:Amazon

・重量、サイズも絶妙で持ち運びしやすいです。

・ガタツキもなく堅牢でどんな扱いにも耐え、設置も簡単。あと1,2個買い増ししたい。

・畳んだ時の厚みも2.5cmとかなり薄い。

口コミ(マイナス意見) 出典:Amazon

・品質はともかく、ちょっと評価が高過ぎると思います。

・片側に荷重がかかるとすぐに台がひっくり返る。

①デザイン性②収納性③重さ④価格
3322

2.コールマン/ステンレスファイアーサイドテーブル

こちらもステンレス天板のため基本的な使い勝手はユニフレーム/焚き火テーブルと変わりませんが、脚が天板の端から伸びているため、端の方に重いダッチオーブンを置いても机がひっくり返る心配はありません。収納バッグが付属しているため価格重視の人はこちらを選択するのがいいと思います。フレームがアルミ製のためユニフレームの焚き火テーブルより若干軽いのもうれしいポイントです。
出典:Amazon

口コミ(プラス意見) 出典:Amazon

・熱いものをそのまま置けるのでとにかく使いやすい。

・持ち運び用の収納袋が付属しており別に用意する必要がない。

・足が四隅にあるので端に重い物を載せて問題がありません。

口コミ(マイナス意見) 出典:Amazon

・開いた後で固定するフックがないないのでテーブルのまま移動するときは注意が必要。

・天板はステンレスだが汚れや手形が落ちにくい

①デザイン性②収納性③重さ④価格
1.52.523

3.チルキャンピング/キャンプアウトドアテーブル

今回ご紹介する中で最も無骨で男性好みのデザインです。木目とアイアンの組み合わせがとてもおしゃれです。最近アイアンギアが注目されていることもあり、個人的に気になるギアの一つです。アイアンギアは見た目だけでなく機能面も優れています。天板がメッシュになっているため、焚火を覆うように設置してロストルとして使うことができます。ただし両端の木目が焦げる可能性があるので使用する際は気をつけましょう。有名メーカー品ではないので値段はとても魅力的です。
出典:Amazon
口コミ(プラス意見) 出典:Amazon

・無骨感がカッコいい!

・こちら商品は端が木製なので熱くならなず、ちょっと移動させたい時も直ぐに触れてとても便利です。

・専用の保管袋がついているのもgoodです。

口コミ(マイナス意見) 出典:Amazon

・テーブルの足が畳みやすいため固定という面では安定性が少し弱い。

・見た目は良いけど脚にロック機能がなく安定にとても不安。

・バリ・木のヤスリがけの甘さなどあります。

①デザイン性②収納性③重さ④価格
3323

4.ノースフェース/TNFキャンプテーブルスリム

さすがノースフェース、完成度の高い商品です。天板は多層構造の竹集成材を使用しているため強度の心配はありませんが、これまでご紹介したものと違って熱いものを直接置くと焼け跡が付いてしまうため注意が必要です。飲み物やおつまみを置くためであれば使い勝手のいいサイドテーブルになります。とても高価なため使い倒すのはもったいなく室内のインテリアとして使いたくなる一品です。

口コミ(プラス意見) 出典:楽天

・折り畳みテーブル他で色々探しましたがしっかりしていてシンプルでとても良いです。

・質感は大変よく、表面の仕上げもサテンのようにスベスベで気持ちよく、角が面取りされているので小さい子供がいても安心です。

・ノースフェイスのロゴ入りで、とてもかわいいです。

口コミ(マイナス意見) 出典:楽天

・特になし

①デザイン性②収納性③重さ④価格
2111

5.コールマン/ナチュラルモザイクミニテーブルプラス

かわいくて軽くて安いものを探している方にはおすすめの商品です。クーラーボックススタンドやジャグスタンド用として複数購入することができる値段設定がとても魅力的です。実際私もクーラーボックスの台として使っていますが安定感ばっちりです。
出典:Amazon
口コミ(プラス意見) 出典:Amazon

・カラーリングがとても可愛いしオシャレなので気に入っています。

・ステンレスファイアーサイドテーブルの軽量版で1Kgも軽い!

・軽くて子供でも持ち運び自由に出来ます。

口コミ(マイナス意見) 出典:Amazon

・天板がメラミン素材なので重量物や熱は厳禁。

①デザイン性②収納性③重さ④価格
12.533

6.尾上製作所/マルチスタンド

尾上製作所は金属加工の老舗メーカーになります。先ほどご紹介したチルキャンピングと基本的な使い方は同じですが、こちらの商品はアイアン素材のみで作られているため、今回ご紹介するなかで最も火に強いサイドテーブルになります。このギアの特徴を生かした使い方はやはり焚火に覆いかぶせるように設置して調理台として使うことではないでしょうか。アイアンギアは大注目のギアです。
口コミ(プラス意見) 出典:Amazon

・熱に強く、乱雑に扱ってもびくともしません。

・焚き火回りに、メインテーブル横に、ランタン台に使い勝手抜群!

・キャンプの時にクーラーボックスの台に使いました!重い物を乗せても大丈夫でした!

口コミ(マイナス意見) 出典:Amazon

・鉄なので仕方がないですがちょっと重いです。

・収納した状態から脚部分を開くのが難しいかなと感じます。

・テーブルの足が固定されないので移動時に注意が必要。

まとめ

総合得点①デザイン性②収納性③重さ④価格
ユニフレーム/焚き火テーブル103322
コールマン/ステンレスファイアーサイドテーブル91.52.523
チルキャンピング/キャンプアウトドアテーブル113323
ノースフェース/TNFキャンプテーブルスリム52111
コールマン/ナチュラルモザイクミニテーブルプラス9.512.533
尾上製作所/マルチスタンド931.51.53

いかがでしたでしょうか。実際に私が使用した感想や所有者からの情報をもとに生の評価をしてみました。

正直な意見を書かせていただきましたので参考にしていただけるとよいと思います。

サイドテーブルは決して脇役ではなく十分存在感のあるキャンプギアです。使い方次第でサイト全体のイメージを左右するといっても過言ではありません。ぜひご自身のキャンプスタイルに合ったサイドテーブルをご検討ください。

関連記事

テーブルはキャンプで欠かせない道具の一つです。キャンプ初心者の方は「とりあえずテーブルを買おう」という感じでどちらかというとお値段重視で選ぶ人も多いと思います。初心者の方にとってはテーブルの機能として何が必要なのかよくわから[…]

関連記事

椅子(チェア)はキャンプで欠かせない道具の一つです。キャンプ初心者の方は「とりあえず椅子を買おう」という感じでどちらかというとお値段重視で選ぶ方も多いと思います。でも冷静に考えると、テントを含めてキャンプ中に過ごす時間が一番[…]