2021.3 700PV/日達成  2021.4 1000PV/日達成! 末永くお付き合いください♪

ジャグスタンドを100均グッズで簡単DIY!

ウォータージャグを購入した方はそのウォータージャグの置き場所はどうしますか?

テーブルの上やジャグスタンドを購入して置くものと思っていませんか?

テーブルの上に置く場合は蛇口の向きが決まってしまうため使い勝手が悪かったりします。

ジャグスタンドに置く場合は定番のキャプテンスタッグのもので1,500円、おしゃれなカステルメルリーノになると5,000円します。

ジャグスタンドは使う目的が限定されているため、できればお金をかけずにそこそこ使い勝手がいいジャグスタンドがあればいいですよね。

そんな方にはたった250円で作れるジャグスタンドをご紹介いたします。特別な工具は必要ないのでDIYをしたことがない人でも簡単に作れます。


準備するもの

 

  1. 100均の折り畳みチェア ←アウトドア売り場にあります
  2. 100均のウッドデッキパネル ←園芸売り場にあります

100均ジャグスタンドの作り方

1.ウッドデッキパネルの一部分をカットします

 

折り畳みチェアの方がウッドデッキパネルよりも若干長いため、このままではウッドデッキパネルに折り畳みチェアをセットすることはできません。

板の2辺(図に示す赤枠部)をのこぎり等を使ってカットします。

私はのこぎりを使わずに2辺を手で強く押し込んでバキッと折りました。見た目はあまりきれいではないですが、このやり方が一番簡単にできます。

 

2辺をカットする方向を間違えると板がバラバラになります。必ず釘が刺さっていない2辺をカットするようにしてください。

2.折り畳みチェアをウッドデッキパネルにセットします

折り畳みチェアを開く方向とウッドデッキパネルの残した2辺の向きを合わせます。
こうすることで残した2辺が折り畳みチェアの開き止めになります。万が一ジャグの重みで残した2辺が割れた場合でも、折り畳みチェアの布が第二の開き止めの役目をしてくれます。
折り畳みチェアの布をカットして使用している人もいますが私はあえて残しています。
ジャグは水を入れると5~10キロほどになりますが、もちろん残した2辺が割れたことはありませんのでご安心ください。
以上です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

できればお金をかけたくないといっても250円でこのクオリティーは言うことありません。

ジャグの下敷きになるのは正直もったいないほどです。ちょっとしたサイドテーブルにも使えそうです。

お気に入りのジャグスタンドがなかなか見つからない方もまずはこちらを試してみてはいかがでしょうか。

100均ジャグスタンドに合うウォータージャグや受け皿についてはこちらで紹介していますのでぜひご覧ください。

関連記事

料理や水分補給などキャンプで何かと必要になるのがお水です。手洗いのためにペットボトルのお水を使うのはもったいないし、かといって炊事場に何度も往復するのは大変です。炊事場の近くを予約すると人通りが多くて気になりますし...そんな時に欲[…]