2022.5 2,000PV/日達成 末永くお付き合いください♪

キャンドゥ「バーナーパッド」目的は十分果たせる330円の格安バーナーパッド!

シングルバーナーとセットで使うことの多いバーナーパッド、必ず必要というわけではありませんがあると便利なアイテムです。

某有名アウトドアメーカーから同様の商品が発売されていますが、100均ショップで唯一キャンドゥ(Can★Do)から330円のそっくりさんが登場しました。

今年の年初に発売されて以来注店頭から姿を消していた商品ですが、半年たってようやくゲットすることができたのでさっそくご紹介いたします。

バーナーパッドって何?

はじめに、そもそもバーナーパッドって何?何のために必要なの?についてお答えします。

バーナーパッドとは、バーナーとクッカーの間に敷く金属製の網のことを指します。

何のために必要かというと、主に2つあります。必ず必要なものではありませんがあると便利なアイテムです。

・ クッカーに熱を均一に伝えやすくする
・ クッカーの安定感を増す
シングルバーナーは炎が集中する傾向があるため、アルミ製のクッカーを使用したとき真ん中が焦げて周りが半煮えの経験をした人にはおすすめのアイテムです。

スペック紹介

材質枠:ステンレススチール
メッシュ:18-8ステンレス
サイズ15 × 15 cm
JANコード4991203188335
ガス缶が一体型のシングルバーナーで使用する際は、必ず下記注意事項を守ってお使いください。
【バーナーパッドの使用上の注意】


 ・ アルコールストーブでは火力が足りず、不完全燃焼を起こす恐れがありますので使用しないでください。
 ・ 最大火力では使用しないでください。輻射熱によりガス缶が温まり、中の圧力が急激に上がって爆発する恐れがあります。
 ・ 必ず火力を弱火にしてご使用ください。

ユニフレーム「バーナーパッド」と比較

バーナーパッドの中で最もブランド力のあるユニフレーム製の商品と比較してみました。

キャンドゥユニフレーム (Mサイズ)
サイズ15 × 15 cm15 × 15 cm
重量39 g65 g
材質枠:ステンレススチール
メッシュ:18-8ステンレス
枠:ステンレス鋼
メッシュ:特殊耐熱鋼 FCHW2
価格330円1,400円

サイズと重量

ユニフレーム製のバーナーパッドは様々な五徳の大きさに合わせて自由に選択できるように3つのサイズが設定されています。キャンドゥ製のものは1サイズのみになります。

大きさが同等のもので比較するとユニフレーム製のバーナーパッドの方が1.7倍も重くなっています。画像を並べて比較すると、ユニフレーム製の方がフレームの枠が太くなっていることがわかります。ユニフレーム製の方が全体的に強度の高い設計になっておりその分重量が増えているものと思われます。

構造の違いによってもしかしたら耐久性に影響を及ぼす可能性があります。
今後不具合があった場合はこちらでお知らせいたします。

価格

価格はナント4倍も差があります。見た目は同じように見えてここまで低コストで商品化できてしまう100均商品は永遠の謎ですよね。

比較表をよく見ると、メッシュ部に使用している材質が異なっていることがわかります。

キャンドゥ製のものはよく耳にする18-8ステンレス、一方ユニフレーム製のものはあまり聞きなれないFCHW2という材料が使われています。

ググってみると「鉄クロム電熱線平織金網」というもので、主にヒーターなどに使われる発熱線のようです。

このことから、ユニフレーム製の商品は熱の拡散性能を高めるために厳選された材質が使われているものと思います。

ブランドネームもあると思いますが、材質の選定や作り込みによって価格差が付いているものと思われます。

実際に使ってみた

使用したシングルバーナーはSOTOのST-310。五徳がしっかりしていてキャンパーの中で最も人気のあるシングルバーナーです。

安定性

サイズは15×15cmと適度な大きさのため、シングルバーナーの五徳がしっかり覆われています。

ミリキャンプメスティンを置いてみたところ、バーナーパッド全体で支えられるようになったことで安定感が増したように見えます。

関連記事

メスティンとは日本語で「飯盒」のことを指します。最強のキャンプ道具とも言われるメスティンは、代表格ともいえるトランギアをはじめ、多くのメーカーから様々なメスティンが発売されています。実際にAmazonで「メスティン」と検索するとサイ[…]

熱の拡散性その一

バーナーパッドに焙られた炎が熱となって拡散していることがわかります。100均のバーナーパッドでもしっかり熱が拡散されていることがわかります。

使用後はバーナーパッドで火傷しないようにしっかり耐熱グローブを着用して使用してください。

熱の拡散性その二

バーナーパッドによる熱の拡散性の効果をもっとわかりやすくお伝えするために、水が沸騰するまでの泡の出方を比較してみました。
左の写真がバーナーパッドを使用してないときの泡の状態、右の写真がバーナーパッドを使用したときの泡の状態。
パッドを使用してないときは泡が中央部分に集中している様子が伺えます。
パッドを使用したときは泡がほぼ全面にわたってわき出ている様子が伺えます。
このように、パッドを使用したことでクッカーに熱を均一に伝える効果が得られたことをはっきり確認することができました。
チーズを使った焦げやすいレシピを作るとき、もしくはとろ火でじっくり料理をしたいときには抜群の効果を発揮すると思います。

収納してみた

バーナーパッドはバーナーとセットで使うものなので、バーナーと一緒に収納できたらいいですよね。

SOTOのST-310には収納袋がついているのでそちらに収納してみました。

バーナーパッドはピッタリ入れることができましたが、残念ながら肝心なバーナーは入りませんでした。

もう少し柔軟性のある収納袋がないか、100均で探してみたいと思います。

関連記事

キャンパーに根強い人気のシングルバーナーと言えばSOTO(ソト)のST-310ですよね。コンパクトで安定感がありCB缶が使えるのが人気の理由ではないでしょうか。そんな大人気のST-310にも弱点があります。その弱点を克服する[…]

キャンドゥ「バーナーパッド」まとめ

キャンドゥの格安バーナーパッドをご紹介しました。少なくともバーナーパッドを使う目的は十分果たしている商品だと思います。材質までこだわった商品が欲しい方もいると思うので、バーナーパッドに対するご自身の価値観に合わせてどれを選択するか決めるといいと思います。

LanTenTarp最新情報をチェックしよう!