2021.3 700PV/日達成  2021.4 1000PV/日達成! 末永くお付き合いください♪

アサヒ生ジョッキ缶!うますぎてわずか2日で出荷停止!キャンプのビールはこれに決まり!!

すでに話題沸騰中のアサヒスーパードライ生ジョッキ缶、その第一弾として2021年4月6日コンビニで先行販売されました!

これがメーカーが想定していた以上に売れまくり、わずか発売2日後に出荷停止が発表されました。急いで探し回ってなんとか4店舗目のファミリーマートで購入できました。

中身は普通のスーパードライと変わらないですが、新しい感覚に衝撃を受けたので先に言ってしまいますが、

これまでの缶ビールと比較にならないほどの「泡の量」とガバッと開く「飲み口」の2つの特徴でまるで生ビールを飲んでいるような感覚になります。

さっそくご紹介いたします。

 

アサヒ生ジョッキ缶の外観

普通のスーパードライと比較してみました。普通のスーパードライは落ち着いたデザインですが、今回発売された生ジョッキ缶は、

「泡が出る、ゴクゴク飲める、日本初」など、特徴が強調されたデザインに仕上がっています。

従来の伝統あるデザインを守りつつ新たな特徴を盛り込んだ、まさに正常進化と言えるデザインとなっています。

蓋をよく見ると、いつものプルタブと違ってどちらかと言うと缶詰の蓋に似ています。

つまりプルタブを引くと缶詰のように蓋がガバッと取り外せてフルオープンになります。

生ジョッキというネーミングがついているため、生ビールのようにグビグビ飲んで欲しいという開発者の気持ちがこの形に表れているようです。

アサヒ生ジョッキ缶をさっそくいただきました!

缶詰の蓋を開ける感じでプルタブを起こします。

 

蓋を開けると中からもやもやした蒸気が立ち上がります。どうやら炭酸ガスのようです。

蓋を引き上げると口元が大きく開くので、普段の缶ビールと比較にならないほどビールの香りが漂います。
この時点で泡が出てくると期待していましたが、この段階では普段の缶ビールと変わらない様子です。

 

と思っていたら突然きめ細かい泡がもこもこ湧きだしてきました。

柔らかいふっくらとしたクリーミーな泡がどんどん出てきます。

蓋を開けてからわずか10秒。口元から乗り上げるほどのドーム状の泡ができました。
この泡はいつまで出続けるのでしょうか。これ以上泡が出ると溢れてしまいますね。

思っていた通り泡が溢れてしまいました。

缶ビールで泡が溢れたことなんて体験したことありません。これは前代未聞ですね。

見てください!このとにかくきめ細かいクリーミーな泡。泡だけでも酔っぱらいそうです。

さっそく飲んでみたところ、口が大きく開いているので泡もビールもどんどん喉に吸い込まれていく感じです。

子供のころ、缶詰の蓋は触ると手を切るよ!と親に言われた人も多いと思います。

口をつけて平気なの?と心配する人もいると思いますが、このように切り口はしっかり角が丸められているため、唇が触れても特に危険な違和感を感じることはありません。

どうせ泡ははじめだけでしょと思っていたらそんなことなかったです。飲んでも泡がなくなることはありませんでした。むしろ泡がまだまだ出続けてるような気がします。

よくみると、ところどころ泡が発生したような跡が模様のように現れていました。

調べた結果、泡が発生しやすいように缶の内面に特殊塗料を使って微小な凹凸を作っているそうです。この凹凸が湧き出るような泡立ちを実現し、飲み終わるまで泡が出続けているということのようです。

あっという間に残りわずかになってしまいましたが、先ほどの特殊塗料によってまだ泡の発生は止まっていません。

生ビールですら後半は泡がなくなりますが、生ジョッキ缶は最後まで泡を味わえます。生ビールを超えたビールといっても過言ではないかもしれません。

わずか2日間で出荷停止になるのも納得してしまいます。

ちなみに、容量については340mlと普通のビールより少し少ないようです。グビグビ飲めてしまうのでほんとに340mlもあるのと思ってしまうくらいすぐ飲み切ってしまいます。

アサヒ生ジョッキ缶こそキャンプで飲みたいビールです

今回は家で撮影しながら楽しみましたが、青空の下で味わうシーンこそ、生ジョッキが一番似合うシーンではないでしょうか。

キャンプシーンで生ビールを飲みたいと思っても、ビールサーバーや炭酸ボンベをキャンプ場に持ち込む必要がありさすがに現実的ではありませんよね。

そんな中、生ジョッキ缶があれば大自然の中で手軽に生ビール感覚が味わえます。口元を大きく開いてモコモコした泡のビールで乾杯してグビグビ飲む。想像するだけでニヤニヤしてしまいます。

口が大きく開いているので、もし酔っぱらって手元が見づらくなっても飲み口を探す必要はありません。どの方向からでもグビッと飲むことができます!

特殊加工された缶なのでいちいちグラスを準備する必要もありません。洗い物が減るのもキャンプで助かるポイントの一つです。

アサヒ生ジョッキ缶の気になるお値段は?

値段は税込み217円。普通のスーパードライと同じ値段です。特殊技術にちょい少なめの容量を差し引いて据え置き価格を狙ったのでしょうか。

同じ値段であれば間違いなく生ジョッキ缶を選んでしまいます。

初めの数店舗はこんな状態でした。

アサヒ生ジョッキ缶のまとめ

いかがでしたでしょうか。

生ジョッキ缶というだけあって、ジョッキ感覚でグビグビ飲めるのでわざわざお店に飲みに行く必要がなくなるかもしれません。

宅飲み需要を予言していたかのようなまさにドンピシャの商品だなという印象です。

まだ手に入れられてない方は2021年4月20日よりコンビニだけでなく全業態で発売されるとのことですので、今度こそぜひお買い求めください。

今後の販売スケジュール

想定を大幅に上回る販売数量見込みに対して、供給が追い付いていないようです。

2021年6~9月まで、月1回販売すると公表されました。

【2021年6月15日(火)、7月13日(火)、8月3日(火)、9月7日(火)】

今回もそれぞれ数量限定のため、今回こそ手に入れていただき、ぜひこの感動を一緒に味わっていただきたいと思います。