2022.5 2,000PV/日達成 末永くお付き合いください♪

KEEN「ジャスパー」アウトドアの定番シューズ!親子コーデしたら家族が笑顔になった!

キーンの定番シューズと言えばJASPER(ジャスパー)。ジャスパーと言えば、素足のような履き心地と思わず二度見してしまうほど個性的なカラーリングが特徴のシューズですどんなシーンでも幅広く活躍するジャスパーですが、その中でも特におすすめするシーンと言えばキャンプになります。親子でお揃いのジャスパーを履いてキャンプをしたら足元が華やかになってキャンプが一層楽しく感じました。足元から楽しめるジャスパーを詳しく紹介いたします。

KEEN「ジャスパー」を親子コーデに選んだ理由

THE NORTH FACEやMERRELL、WORKMANなどキャンプに似合うシューズはいくつかありますが、その中から親子コーデするために最優先にしたことは「親子で同じモデルをお揃いで履くこと」でした。よくありがちなのが、大人用のモデルはあっても子供用のモデルがなく、ちょっとだけ違う似たようなタイプを選んでしまうことです。このちょっとの違いって意外と後から気になるんですよね。

今回選んだジャスパーは大人用のモデルをそのまま小さくデフォルメした子供用のモデルが用意されているのでこちらを選択しました。

さらに、ジャスパーはKEENの中でも定番商品なので、選ばれるにはそれなりの理由があるということで子供にも安心して履かせられるシューズだと思ったのも一つの理由です。

今回紹介する商品は、大人用は「JASPER 1」、子供用は「JASPER 2」になります。

KEEN「ジャスパー」スペック紹介

カラー展開(2022年)

ジャスパーは毎年新色が発売されるため、2022年のラインナップをご紹介します。

■ メンズは4色展開

出典:KEEN

■ ウィメンズは5色展開

出典:KEEN

■ キッズ(ビッグ、リトル)は5色展開

出典:KEEN

大人用も子供用もどちらも「落ち着いた色」から「ポップな色」まで用意されています。色が豊富に用意されているシューズは珍しく、ジャスパーはまさに色で楽しむシューズだと思います。

出典:KEEN

出典:KEEN

ジャスパーはたぐいまれなデザインと思わず二度見してしまう個性的なカラーリングが特徴なので、同じモデルで揃えた場合でも、もしかしたらガチャガチャして統一感がなくなるかもしれないと心配しましたが、このようにどの色を選んでも楽しそうな親子コーデを叶えてくれます。

サイズ展開

■ メンズは25.0cm~29.0cmまで0.5cm刻み、30cmまであります。

出典:KEEN

■ ウィメンズは22.5cm~26.0cmまで0.5cm刻み

出典:KEEN

■ ビッグキッズは20.0cm、21.0cm、22.0cm、22.5cm、23.5cm

出典:KEEN

■ リトルキッズは15.0cm、16.0cm、17.0cm、18.0cm、18.5cm、19.5cm

出典:KEEN

ところどころ1.0cm刻みになっているので注意してください。
今履いているシューズに対してどのサイズを選べばいいの?後ほど詳しくご紹介いたします!

重さ

どんなに履き心地がよくてどんなにデザインがお気に入りのシューズでも、足元が重いと疲れていずれ履かなくなってしまいます。もちろん軽ければいいってものではないので、耐久性と機能性を考えて最適な重さである必要があります。

気になる重さを実際に測ってみました。

メンズ27cmウィメンズ24.5cmビッグキッズ 23.5cmリトルキッズ 18.5cm
ジャスパー(片足)410g370g300g200g

軽量スニーカーは別として、一般的なメンズのスニーカーが400g~500gくらいですので、見た目の割に重くない印象です。

KEEN「ジャスパー」の特徴

ここからはジャスパーの魅力について5つのポイントに絞ってご紹介いたします。

たぐいまれなデザイン

個性的なデザインはその商品を印象付けるメッセージになります。ジャスパーはつま先から始まるシューレースとつま先までしっかり覆われたアウトソールが特徴的なシューズです。クライミングシューズをモチーフにしたと言われています。

アウトドアユースをターゲットにした商品ですが、決してゴツゴツした印象はなく、どちらかというとシュッとした上品なデザインに仕上がっている印象です。

高級感漂う本格的な素材

アッパーにはスエードレザー(天然皮革)とヌバックレザー(起毛加工された革)が使用されています。このため、しっとりとした肌触りを表現しつつ、丈夫で汚れにくい仕上がりになっています。

ヌバックレザーは起毛加工がされているため、汚れが奥に届きづらい反面、表面に汚れが溜まりやすくなります。このため、一日履いた後はやわらかいブラシを使って表面をブラッシングして汚れやほこりを取り除くようにしましょう。

大地を掴むアウトソール

大地をガッチリ掴むオールテレインラバーアウトソールを採用。オールは「すべて」、テレインは「地形」を意味するので、どんな地形でも高いグリップ性を発揮するラバーソールになります。

ソールパターンにはトラクション性に優れた新開発のラグパターンが採用されています。さらに、耐摩耗性に優れたノンマーキングラバーアウトソールが採用されているなど、最新技術がふんだんに盛り込まれているようです。

ノンマーキングラバーアウトソールとは、主にスタジオや体育館で使用するシューズに使用されており、ソールが床と擦れることで発生する摩擦熱で床にヒールマークが付着することを防いだソールになります。

アウトソールは若干薄いため、でこぼこした地面でもしっかりソールが追従してくれます。

アウトソールの溝の深さは若干浅めとなっているため、普段履きの時はマンホールや横断歩道の白線、アウトドアで使用するときは濡れた石や枝木の上を歩くときは十分注意が必要です。

心地よいインソール

リサイクルポリウレタンにコルクを混ぜた素材でできているため、ふかふかしすぎず適度な反発力を感じることができます。

インソールの厚みはつま先で5mm、かかとで15mmあります。かかとにクッション材が多く使われているのでとても疲れにくいシューズになっています。

土踏まずの部分がさらに盛り上がっているのも疲れにくさにつながっていると思います。

KEENのインソールはどれも見た目が同じですが、モデル毎にソールの厚みや形状を専用設計しているようです。

ほどけにくいシューレース

一般的なシューレースは、断面が楕円形状をしたオーバルシューレースや、きしめん形状をしたフラットシューレースですが、ジャスパーに使用されているシューレースは蓮根のように凹凸が連続した特殊な形状になっています。

このため、走り回ったときでもくぼみがシューレースホール(穴)にひっかかりシューレースがほどけにくくなっています。


もう一つおまけでシューレースが付属されています。一度つけたらなかなか取り換えないと思うので、初めにどちらかお好きな色を選択しましょう。
予備のシューレースは大人用のみ付属されています。
メンズは凹凸のシューレース、ウィメンズはフラットシューレースが付属していました。

凹凸状のくぼみがついたシューレースはニューバランスからも発売されているようです。

あなたにピッタリなサイズ選び

KEENの公式HPによると「この商品の着用感はきつめです。0.5cm大きめをお勧めいたします。」と書かれています。確かにこちらのシューズは普段履きのシューズと比較してスリムなつくりになっているのでサイズ選びには注意が必要です。

普段履いているシューズと今回入手したジャスパーのサイズを一例としてご紹介します。

大人(メンズ)大人(ウィメンズ)子供(メンズ)子供(メンズ)
普段履きシューズ26.5cm23.5cm22.0cm17.0cm
ジャスパー27.0cm

(ピッタリ!)

24.5cm

(ピッタリ!)

23.5cm

(大きめ!)

18.5cm

(大きめ!)

大人は足の大きさが変わることはないと思うのでピッタリサイズを選択しました。メンズ、ウィメンズどちらも普段履きシューズに対して0.5~1.0cm大きめのサイズでちょうどいい印象です。

子供はすぐに足が大きくなるので長く履けるようにどちらも1.5cm大きめのサイズを購入しました。ピッタリサイズが欲しい方は1.0cm大きめを選ぶといいでしょう。

子供用は「ビッグキッズ」と「リトルキッズ」の2種類用意されていますが、サイズによっては1.0cm刻みとなっているので、ピッタリサイズを選びづらい場合があります。

とはいえ足の形は人それぞれです。必ず試し履きをして自分の足に合ったサイズを確認しましょう。

KEENの専門店が近くにない方に向けてKEENを取り扱っている大型店舗を一部紹介いたします。お近くの店舗に立ち寄って試し履きをしたあと、お好きな方法で購入するといいでしょう。

  • L-BRETH
  • 石井スポーツ
  • アルペンアウトドアーズ
  • スーパースポーツゼビオ
  • スポーツオーソリティー

KEEN店舗検索

子供用ジャスパーの紹介

大人用のモデルだけでなく子供用のモデルにもスポットを当てて詳しく紹介したいと思います。子供用ジャスパーの魅力について5つのポイントに絞ってご紹介いたします。

結ぶ必要がないバンジーレース仕様

 靴ひもを結ぶことが苦手なお子さんでも履けるように、キッズサイズはひもを結ぶ必要がないバンジーレース仕様になっています。

バンジーレース仕様とは、伸縮性のあるひも(バンジーコード)を引っ張って、プラスチックのコードストッパー/コードロックで固定することにより、脱ぎ履きしやすくフィット感を調整しやすい仕様になっています。

安心のベルクロ仕様

脱ぎ履きしやすいバンジーレースですが、走り回ることの多い子供たちにとって万が一コードストッパーが外れてシューズが脱げたら危険ですよね。ビッグキッズ、リトルキッズどちらもベルクロ(面ファスナー)がついているためシューレースとベルクロのダブルロックによって脱げにくさを強化した仕様になっています。足全体をバンジーレースでフィットさせた後、足首をベルクロでしっかり固定することで、お子様の足が大切に守られます。

ベルクロが本体と違った色になっているため、ワンポイントになっていてかわいいです。

妥協を許さないアウトソール

キッズシューズだからといって決して妥協を許すことのないラグパターンになっています。大切なお子様の靴だからこそしっかりした作りになっているものと思います。

キャンプに最適なシューズ

出典:KEEN

公式HPにも書かれているとおり、やはりキャンプでの使用をおすすめしているようです。アウトドア感が漂うシューズを履いてぜひキャンプを楽しんでください。

プレゼントに最適なシューズ

自分がもらったときに嬉しいと思うものこそが最高のプレゼントだと思います。相手に気を使わせない価格設定となっているのもポイントの一つです。アウトドア好きな人やおしゃれに敏感な人に対して、ジャスパーキッズはとても気の利いたプレゼントシューズになると思います。

KEENのお得な情報

出典:KEEN

Amazonや楽天市場でも購入できます

ポイントを貯めている人はAmazonや楽天市場、ヤフーショッピングから購入することが可能です。

実際に親子コーデしてみた

ジャスパーで親子お揃いコーデしたら家族みんなが笑顔になりました。新しいギアを買ってキャンプを楽しむのももちろん素敵ですが、たまには少し我慢して家族お揃いのウエアにお金を掛けてみるのもいいかもしれません。

こんなシューズもキャンプにおすすめ!

KEEN「HOWSER」

KEENのシューズを定番のジャスパーで入った後はジャスパーロック、ジャスパー2、ハウザーシリーズなどがおすすめです。とくにジャスパーとは違ったタイプのハウザースリースライドは「履きやすくて脱げにくい」キャンプシーンで大活躍するシューズです。

ご興味があればぜひこちらもご覧ください。

関連記事

KEENと言えば履き心地とデザイン性を備えた個性的なシューズをタウンからアウトドアユースまで幅広く展開しているブランドになります。老舗ブランドと思っている人ももしかしたらいるかもしれませんが、実は2003年に誕生した比較的新しいブランド[…]

WORKMAN「アーバンハイク」

ジャスパーを購入する前にこちらのシューズを買いました。ジャスパーとそっくりなシューズです。価格はなんと1,900円!驚きの値段です。耐久性は落ちますがこちらで十分と感じる人にはおすすめしたいシューズです。

ご興味があればぜひこちらもご覧ください。

関連記事

キャンプで履く靴といえばTHE NORTH FACEやKEEN、MERRELLといったタフでおしゃれなものを思い浮かべる方が多いと思います。もちろん見た目だけでなく、水に強く、火の粉で穴があきづらいものであればそれこそキャンプシーンに最適な[…]

KEEN「ジャスパー」のまとめ

いかがでしたでしょうか。キーンの定番シューズJASPER(ジャスパー)で親子コーデしてみたら足元が華やかになってキャンプが一層楽しく感じました。春先キャンプに向けて、素足のような履き心地と思わず二度見してしまう個性的なカラーリングが特徴のジャスパーで親子コーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。

LanTenTarp最新情報をチェックしよう!