2021.3 700PV/日達成  2021.4 1000PV/日達成! 末永くお付き合いください♪

焚火の火起こしには「100均の空気入れ」が大活躍!

十分な火力を長続きさせるためには、定期的に酸素を送る必要があります。

うちわであおぐひと、息を吹きかける人、火吹き棒を使う人...できれば安全かつ楽に、さらにお金をかけずにできたらいいですよね。

そこでおすすめするのがコチラ!

浮き輪の空気入れ??

そうです。100均で買える誰もが一度は見たことがあるアレです。

我が家ではこの空気入れを「シュコシュコ」と呼んでいます。

空気入れだからこそ一度に多くの風を送ることができます。これを焚き火の火起こしに応用しようってことです。

結論からいうとシュコシュコは焚き火との相性バッチリです。さっそくその魅力をお伝えします。

シュコシュコの特徴

100円でゲットできます

ひょっとしたら1個や、2個家に転がっているかもしれません。あればさっそく次回のキャンプに持っていきましょう♪

安心安全

息を吹いて風を送る場合、息を吸うタイミングを間違えると火や灰を吸い込んでしまうためとても危険です。

シュコシュコであれば息を吸いこむ必要がないのでその点安心です。お酒を飲んだあと呼吸がつらくて…なんてこともなくなります。パパにとっては大助かりです。

子供たちの人気者

シュコシュコの使い方は押して引くだけです。このため誰でも簡単に使うことができます。しかも押すときも引くときも風が送られるためとても効率よく風を送ることができます。

単純な道具なので子供たちに人気が高く、いつもシュコシュコの取り合いになります。

喧嘩にならないためにも人数分準備しておくといいでしょう。

シュコシュコをおしゃれにカスタム(2021.06.04更新)

シュコシュコのちょっと残念なところは、おせじにもキャンプに合う道具とは言えないところです。

そこでキャンプに合う高見え道具にカスタムしてみました。

詳しくはこちらをご覧下さい。

関連記事

火起こしが楽チンでとにかくコスパが高い空気入れですが、最近の100均ではこれを火起こし用として正式に売っています。我が家ではこの空気入れを「シュコシュコ」と呼んでいますが、機能のポテンシャルの高さに反してキャンプギアとしての見た目は[…]

注意すること

シュコシュコはもともと空気入れなので、一度に多くの風を送ることができる反面、勢いよくシュコシュコすると灰が飛び散ります。

火の元など風を送りたいところを狙って、時には加減しながらシュコシュコするようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

先輩キャンパーがシュコシュコを使ってるのを初めて見たとき私は衝撃を受けました。

さっそく使い始めましたが、どんな火起こし器よりも楽に大量の酸素を送ることができるので自信をもって多くの人にお勧めしています。

しかも100均で手に入るとなると、さっそく試してみてはいかがでしょうか。

記事がありません。